インフォメーション

甘酒は妊婦さんに効果的!? 出産後も子育てママにもおすすめの飲み物です

 

妊婦さんは毎日何種類もの食品を取り入れ、バランス良くあらゆる栄養素を摂取することが望ましいとされています。
よく言われる、葉酸もその1つです。
妊娠中に意識して摂取するよう推奨されている、とよく耳にしますが、普段不要な栄養と言うわけでもありません。
葉酸とはどんな栄養なのでしょうか?

葉酸はどんな栄養?
葉酸とは、ビタミンB9とも呼ばれ、ビタミンB群の1つに数えられる栄養です。
一番最初にほうれん草から発見されたため、葉酸とも呼ばれています。
水にも熱にも弱いため、摂取するときには工夫が必要です。

胎児の成長をサポート
葉酸の有名な効果が、お腹の中で成長する赤ちゃんの脳や神経の発達に欠かせない、と言うもの。そのため、厚生労働省では、妊娠中や妊活中の女性は「付加的に400μg/日の葉酸の摂取が望まれる」と発表しており、特に積極的に取り入れることを推奨しています。

赤血球の形成
葉酸は赤血球の形成に関わっている栄養ですが、その働きをサポートするのがビタミンB12。
貧血予防のために葉酸を取る場合は、合わせてビタミンB12も取り入れた方が効率的です。
例えば、甘酒は葉酸だけでなく、ビタミンB群全体が豊富に含まれています。
他の食品から葉酸だけをピックアップして摂取するよりも、甘酒から取り入れた方が、相乗効果で、赤血球を形成する働きを活発にすることができます。

動脈硬化予防
動脈硬化は、ホモシステインと言う、特定のアミノ酸の濃度が高まることで引き起こされると言われています。葉酸は、血中のホモシステインを減らす働きがあるとされています。

葉酸の取り入れ方

葉酸は、ほうれん草から発見されたこと、名前に葉がつくことから、野菜にしか含まれていないと思いがちですが、実はそんなことありません。

具体的には、
卵黄・納豆・ほうれん草・ブロッコリー・きゅうり・アボカド・イチゴ・バナナ・うに・あゆ・数の子・レバー
など、含有量の差はありますが、野菜に限らず魚や果物にも葉酸は含まれています。

甘酒からも葉酸は取り入れられます

甘酒に含まれている葉酸は、100gあたり8μg。
適量200mlを飲むようにすれば、甘酒で16μg摂取できます。
妊娠中の女性の葉酸の摂取量は、400μgと比較すると、甘酒でで取り入れられる量は多いわけではありません。しかし、葉酸は水に溶け、熱にも弱いため、扱いが難しい栄養です。
さらに、食材から摂取できる葉酸は、特別に天然葉酸と呼ばれますが、この天然葉酸はどんな食品から取り入れるかによって、吸収率は15~85%と大きな差もあります。食品に表示されている葉酸の計算値は大抵が100gが基準になっていますが、一度にたくさん食べられるものばかりではありません。その食品が体に入った後、大量に葉酸を吸収できるとも限りません。
ですので、1つの食品から大量に葉酸を摂ろうとするのではなく、バランス良い食事で、少しずつ取り入れるのがポイントです。
まず、甘酒は飲み物なので、水分へ溶けた葉酸をまるごと摂取できますし、ビタミンB12も一緒に補給できますから、赤血球の形成を促せます。
女性は月経で毎月大量の赤血球が失われますから、男性よりも貧血になりやすいです。
葉酸だけでなく、赤血球補給と言う、女性に嬉しい2つの効果が得られるので、健康を維持するためにも甘酒からの葉酸補給は有効です。

葉酸補給以外にも様々なメリットがあります

〇つわりで食べられないときの栄養補給
〇大変な妊婦生活に必要不可欠な疲労回復
〇大半の妊婦さんが悩まされる便秘解消・改善
〇免疫力が落ちてしまうからこそ腸内改善で免疫力向上
〇肌荒れなどに良い美肌効果
〇妊娠高血圧症候群の予防になる血圧上昇の抑制
〇妊婦さんの大敵であるストレスの解消(リラックス効果)

つわりで食べられないのに関わらず、栄養は取らないといけない・・・
妊娠することで、便秘になったり、肌が荒れてしまったり・・・
食事も栄養を考えて作らないといけない上に、塩分や糖分の取り過ぎ・体重の増減は気にしないといけない・・・
これだけでもけっこうストレスになるのに、ストレスを抱えるのは赤ちゃんのためには良くない・・・

そんな時には、ぜひ甘酒を飲んでください。つわりで食べられなくても、栄養補給ができます。
そして、慣れない妊婦生活で溜まった疲労は、豊富に含まれているビタミン(疲労回復効果が高い)で回復を。
また、つらい便秘や気になる肌荒れにもオリゴ糖や食物繊維がたくさん入った甘酒を飲むと、腸内環境改善で、便秘解消にもつながります。
腸内がキレイになれば、結果的に免疫力も上がり、お肌にも良いでしょう。さらに、麹に含まれている「コウジ酸」などの抗酸化作用によって、美白効果、美肌効果も期待できます。
この他にも、血圧が上昇するのを防いでくれる働きもあるので、塩分取りすぎを気にする妊婦さんにはぴったりです。

出産後もぜひ飲んでください
甘酒の嬉しい効果は、もちろん妊婦さんに限ったことではありません。」
出産後は疲れもありますし、寝不足や慣れない授乳、子育てで大変な時にも、甘酒はおすすめです。
妊娠中は体を冷やしてはいけないことはもちろん、授乳中も、母乳の出を良くするために、
体を冷やさないようにしないといけません。甘酒に「生姜」をプラスして、温めて飲むと一層体を温めてくれます。
また、妊娠中も授乳中も甘いものをたくさん食べると、娠糖尿病になったり、乳腺炎になる恐れがあります。麹甘酒の糖分はブドウ糖なので、砂糖などの糖分と違って、体に蓄積されにくく、血糖値の上昇もゆるやかです。甘いものが欲しい時に、お菓子の代わりに甘酒を飲むといいでしょう。