古市研究員のブログ

甘酒について

 

一般的に甘酒といえば2種類あります。

1.米糀+水

2.酒粕+砂糖+塩

 

1の甘酒は微生物の酵素のチカラを利用した代表的な飲み物です!

お米に麹菌を繁殖させたものが米糀と言われるもので、麹菌の持っているアミラーゼという酵素がお米に働いてデンプンを分解してブドウ糖にしてくれます。

甘酒の甘味はお米に由来するものなんです!!

米糀の甘酒は健康にもいいみたいですね。『林修の今でしょ講座(2018.12.11放送)』を皮切りに色々とテレビで取り上げられています。

 

免疫力アップの最強ドリンク!

米糀甘酒にはブドウ糖・オリゴ糖・アミノ酸(必須アミノ酸)・ビタミンB群が含まれており、これらは善玉菌のエサとなります。それにより、善玉菌が増え腸内にある免疫細胞が活性化し、免疫力アップに繋がるという訳です。

なぜ栄養豊富なのか‥それは私の大好きな麹菌のお陰なんです。

米糀に付いた麹菌がデンプンやタンパク質を分解する酵素を出し、お米のデンプン→ブドウ糖・タンパク質→アミノ酸に変えてくれる!

しかーも、酵素で分解してあるので人間体内の消化酵素なしでそのまま吸収できる!病気で胃腸の弱っている時でも無理なく吸収できるのでしょう。素晴らしい♪

 

血管を老けさせない!

麹菌がお米のタンパク質をアミノ酸に分解すると言いましたが、アミノ酸という最小単位まで分解できなかった複数個アミノ酸が連なったペプチドという物質も含まれます。

このペプチドが血圧上昇抑制効果があるそうなんです。これ論文もいくつか出ています。

血圧上昇が抑制される→血管に余計な負荷がかからない

ということですね。

 

私が研究を行っているミルクあまざけも米糀を使って製造しています。

米糀+水で作る甘酒を米糀+牛乳で作ったのがミルクあまざけ『優乳甘酒』です。

そもそもお米に含まれるタンパク質ってそんなに量が多くないですから、同じように麹菌の酵素がタンパク質豊富な牛乳に作用したら…ワクワクがとまらない(笑)

麹菌ってステキ、微生物って素晴らしい そんなことを思いながら日々研究しております。