#腸活

腸内フローラを豊かにしましょう

キレイと健康は毎日のミルクあまざけで

腸は健康や美容に関わる大変重要な機能を持っています。

そのカギを握るのが「腸内フローラ」。

腸内に棲みついている細菌を腸内菌と呼び、それぞれの菌はスペースを持ちながら全体として集団を形成しています。この集団が叢(そう=草むら)または花畑(フローラ)のように見えるところから、腸内フローラと呼びます。

腸内菌は100兆個以上あり、私たちは「腸内菌とともに生きている」と言っても過言ではありません。

腸内菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌という3つに分類でき、悪玉菌が多くなり過ぎると、日和見菌もそちらに取り込まれ、腸内環境が悪化してしまいます。

「腸内環境が良い」というのは、善玉菌・悪玉菌・日和見菌が良好なバランスで保たれている状態です。

良い腸内環境を保つことは、便秘の解消・免疫力の向上・ダイエット・美肌・アンチエイジングなど、人の体にさまざまな良い効果をもたらします。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を食生活で増やすためには、菌のエサになる発酵食品を摂ることがとても有効です。

ミルクあまざけが腸に良い理由

腸内フローラを豊かにするために有効な発酵食品。なかでもおすすめは「甘酒」です。

お米と米麹からつくる甘酒は、米麹の酵素の働きで生まれた栄養成分と、お米の栄養成分が融合した健康食品です。

食物繊維やオリゴ糖など、腸にとってうれしい成分が豊富で、飲み続けることで腸内フローラがだんだん整っていきます。

 

●食物繊維

ミルクあまざけには食物繊維が豊富に含まれています。

腸内菌のエサになる水溶性食物繊維と、腸内の食べカスなどをからめ取って掃除してくれる不溶性食物繊維の両方を含みます。不溶性食物繊維のひとつ「レジスタントプロティン」は、油や脂質を吸着して便として排出するので、ダイエット効果も期待できます。

 

●オリゴ糖

ミルクあまざけに含まれる「オリゴ糖」は、胃で消化されずに大腸に達して、善玉菌やビフィズス菌のエサになります。

ビフィズス菌が元気になることで便秘解消につながります。

また糖分でありながら、消化吸収されないため血糖値が上昇しにくいというメリットもあります。

ミルクあまざけを飲んでキレイになりましょう

ミルクあまざけには腸内フローラを豊富にするだけでなく、美肌をつくり、老化を防ぐのを助ける成分も多く含まれます。

 

米麹に含まれるコウジ酸はシミの原因になるメラニンの過剰な生成を抑え、ビタミンB2やナイアシンには肌や髪の再生力をアップする働きがあります。

さらにビタミンB2には、老化をまねく過酸化脂質を分解してくれるので、アンチエイジング効果も期待できます。

ビタミンB1群は糖質をエネルギーに変える手助けをする働きがあり、ブドウ糖を効率よくエネルギーに変えるのでダイエットにもつながります。

ミルクあまざけを朝ごはん代わりに飲んだり、おやつタイムや夕食前に軽く飲めば、効率的にエネルギー補給ができ、食べ過ぎを抑えられます。

腹持ちがよく代謝もアップするので、適量を守ればダイエットにも効果的。太りにくい体質づくりに役立ちます。

もっと健やかに、もっときれいに

腸内菌、実はその寿命はたった1日で、役目を終えると便とともに体外に排出されてしまいます。

腸内フローラを元気にするためには、腸内菌のエサや食物繊維を毎日補給してあげることが大切です。つまり、腸が喜ぶ食品を毎日取り入れることが“美腸”への必須条件です。

生活にミルクあまざけを取り入れて、腸を元気に、健康で美しくなりましょう!