よくあるご相談

Q1.ミルク甘酒は牛乳と甘酒を混ぜただけでできるの?

A.ミルク甘酒は、牛乳と甘酒を混ぜただけではありません。独自の製造技術(製造特許出願中)により、新鮮な生乳の栄養成分を糀の力で分解することにより作られています。その結果、遊離アミノ酸は牛乳の100倍になり、カルシウム、ビタミン、食物繊維などが豊富に含まれ、栄養分が身体に吸収されやすい乳飲料です。

Q2.甘酒なのでアルコールが含まれているの?

A.ミルク甘酒は、ノンアルコールなのでお子様でも安心してお召し上がりいただけます。
一般的に甘酒は、酒粕で作るものと、米糀で作るものの2種類あり、酒粕で作ったものはアルコールが含まれますが、米糀で作ったものはにアルコールは含まれていません。

Q3.砂糖は多く含まれているの?

A.ミルク甘酒は、生乳と米糀以外の原料は、一切使用しておりません。糀が米を分解してできたブドウ糖の自然な甘さになっています。

Q4.保存料や着色料は入っていますか?

A.ミルク甘酒は、牛乳と米糀だけで作られています。保存料、着色料は一切使用していません。

Q5.保存方法は?

A.保存料は使用していませんので、必ず冷蔵保存(10℃以下)をお願いします。

Q6.賞味期限はどれくらいですか?

A.製造日から最大21日となっておりますが、輸送期間等もございますので、正確には製品ラベル記載の賞味期限をご確認ください。また、開封後はできるだけお早めに召し上がりください。

Q7.暖めて飲んでもいいですか?

A.お好みにより、お召し上がりになる前に、暖めて飲んでいただいても結構です。

Q8.栄養補給のために効果的な飲み方は?

A.お休みになる1~2時間前にお召し上がりになることをお勧めします。お休み中に効果的に栄養を吸収でき、睡眠の質の向上にもつながります。
また、スポーツ前後、お仕事の合間にもお勧めです。

Q9.ミルク甘酒に多く含まれる遊離アミノ酸って何?

A.アミノ酸が結合してタンパク質を作っていますが、タンパク質と結合せず、単体で活躍するものが遊離アミノ酸で、肝臓や筋肉だけでなく血液の中にも存在し、身体の働きをサポートしています。

Q10.ミルク甘酒のカロリーはどのくらいですか?

A.150ml 1本当たり、プレーンタイプで、149kcal、生姜味で147kcal です。