プロテインって何?

実は、「プロテイン」と「タンパク質」は同じです!

プロテイン(protein)とは日本語でタンパク質を表します。

食品でいうと肉、魚、大豆製品、卵、乳製品などに含まれており、普段の食事から摂取できる栄養素です。

 

タンパク質は、筋肉・骨・血液の材料となる重要な栄養素です。

人の体の約60%は水分でできていますが、15~20%はタンパク質でできています。

これは水分を除いた重量の約半分をタンパク質が占めることになります。

このタンパク質によって筋肉や臓器、肌、髪、爪、体内のホルモンや酵素、免疫物質などを作り、栄養素の運搬を行い、そしてタンパク質は微量ではありますが、エネルギーが消費される際に、アミノ酸としてその一部にもなります。

 

日常の日本語で「プロテイン」といった場合は、タンパク質を主成分とするプロテインサプリメントのことを指す場合が多いのですが、本来の意味ではプロテインとタンパク質は全く同じものです。

 

ダイエット中の方は減量で脂肪を気にするあまり、メイン料理となる肉や卵、魚などの主菜を控えている人はタンパク質不足の可能性につながります。

高齢者などは徐々に食事量が少なくなり、タンパク質不足を招いていることに気づかないケースもあります。

筋力アップを目指している人はもちろん、体力が低下したと感じる方、ダイエット中の方、高齢者の方は、意識してタンパク質摂取量を増やしましょう。

手軽に美味しくプロテイン摂取!