プロテインで免疫力を高めよう

タンパク質は免疫力アップに欠かせない栄養素

タンパク質は筋肉や臓器、そして細胞を作る・維持するために重要な栄養素であり、身体の免疫機能にも関わる重要な成分です。
例えば、免疫力を担う抗体(免疫グロブリン)はタンパク質で構成されています。
また、細菌やウイルスなどの病原菌を排除する働きがある免疫細胞「キラーT細胞」を活性化させるためには、タンパク質が必要不可欠です。
このことから、タンパク質は免疫力の向上に欠かせない栄養素なのです。

免疫力アップのためには栄養バランスのとれた食事が重要

免疫力を高めるためには、タンパク質だけを摂れば良いというわけではなく、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。
皮膚や粘膜の働きを整えるビタミンAやミネラル、免疫機能の働きを助けるビタミンB6、血液中の白血球の働きを助けるビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノール、免疫細胞のエネルギー源となる脂質、腸内環境を整える食物繊維などの栄養素を、バランス良く摂取しましょう。

プロテインで筋力アップすると免疫力にもプラスに

運動をして身体に筋肉がつくと、体温が上がり、血行が促進されます。
血行が良くなると、全身に酸素や栄養が行き渡るだけでなく、血液中の白血球に含まれる免疫細胞が活性化されるため、免疫力がアップすると言われています。
そのため免疫力を高めるためには、十分なタンパク質の摂取と運動を心がけ、身体に適度な筋肉をつけることが大切です。
18歳以上の男女が一日に必要なタンパク質の摂取量は、男性は60g、女性は50gと言われています。
しかし、鶏ささみ100gのタンパク質は23g、卵1個は6.2g、納豆1パックは8.3gと考えると、十分なタンパク質を摂取するのは意外と簡単ではありません。

ミルク甘酒は手軽に飲めて、おいしく自然なプロテイン摂取ができるため、免疫力アップのために生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

プロテインで免疫力アップ!