もしかしてタンパク質不足?チェック

「筋肉を作るためにはタンパク質をとったほうがいい」でも、いつどのくらいとるのが正解かご存じですか?
タンパク質をとっているようでも、実は足りていない「隠れタンパク不足女子」が急増中です。まずはチェックしてみましょう。

タンパク質のとり方、間違ってる?

赤身肉がブームになっていますが、タンパク質が多いからと肉だけに偏るのは間違いです。プロテインドリンクさえ飲んでいれば大丈夫、 という考えも危険です。
筋肉や臓器、髪、爪など、体の多くはタンパク質でできています。
タンパク質が不足すると、髪や爪にツヤがなくなったり、筋トレをしても新たな筋肉がつきづらく、代謝が落ちてやせにくい体になってしまいます。
女性ホルモンが乱れて、メンタルが不安定になるなどの問題が出てくることもあります。
現代女性はタンパク質が不足しがちです。
健やかで美しい心身を作りたければタンパク質摂取は必要不可欠です。
体重50kg 、50代以下の女性の場合は、一日に約50gのタンパク質摂取が理想です。
さらに、運動をする人は70~80gが必要。
まずは必要な量をとるのに加え、さまざまな食品からバランスよく、回数を分けて摂取することが基本です。

こんな人はタンパク質不足かも?【隠れタンパク不足チェックリスト】

1.朝食を抜きがち

2.スイーツがやめられない

3.気分の浮き沈みが激しい

4.髪や肌にツヤがない

5.ダイエットをしている

6.よく運動をする

7.爪が割れやすい

8.野菜多めの食生活を意識している

 

1つでも当てはまれば、タンパク質量が不足していないか日頃の食生活を見直してみてください。
1日に必要なタンパク質量をしっかりとるには、3食にたんぱく質を入れてしっかりとした食事をとることが必要になります。
朝食を抜いたり、ダイエットしていたり、スイーツでお腹を満たしたりする人は、タンパク質不足の可能性大。要注意です。

タンパク質不足の食生活の見直しに最適