タンパク質とアミノ酸

タンパク質は、アミノ酸が多数つながって構成されている高分子化合物です。

自然界に数百種類あるアミノ酸のうち、タンパク質を構成するアミノ酸は20種類。

実は、ヒトだけでなく、細菌やウイルスを含めたさまざまな生き物のタンパク質は、20種類のアミノ酸で構成されているのです。

反対に、20種類のアミノ酸が1つでも欠けるとタンパク質を合成できません。

 

20種類のアミノ酸のうち11種類は、ヒトの体内で糖質や脂質から合成できます。

体内で合成できることから「非必須アミノ酸」と呼ばれています。

残りの9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれ、ヒトの体では合成できないため、食品から摂取する必要があるアミノ酸です。

 

ヒトの体内に存在するタンパク質は、約10万種類におよぶといわれています。

アミノ酸が立体的につながったり、糖質・色素・金属などの物質と結合していたりすることで、タンパク質は固有の構造を持っています。

そのままでは吸収できないタンパク質

2~20個程度のアミノ酸が結合したものを総じて「ペプチド」と言い、これは4つ結合していれば「テトラペプチド」、20個なら「オリゴペプチド」と名前が変わります。

 

つまり同じアミノ酸を素に構成するタンパク質ですが、その個数が50以上のアミノ酸の集合体を「タンパク質」、50以下を「ペプチド」と呼称するのです。

また、この違いは、大きさだけでなく分解された時の吸収速度も関係しています。

本来、アミノ酸は消化、分解の必要のないくらい細かい分子であり、その分吸収速度が速いのです。ペプチドも(ものによりますが、)アミノ酸が数個結合しただけの、アミノ酸に近い大きさの分子ですので、タンパク質に比べるとずっと吸収が早いのです。

 

そのため、運動後のエネルギー補給に適していると、補給食品にその名前を見かける方も多いかと思われます。

しかし、ペプチドの難点はアミノ酸同様、その分子の細かさから普段の食生活では賄いきれない点が挙げられます。プロテインの種類でいうと大豆プロテインや卵白などのごく一部の食品からしか摂取できず、必要量の摂取が非常に難しいのです。

アミノ酸がたっぷりミルク甘酒