タンパク質の必要摂取量

この表は厚生労働省が定めている日本人が摂るべき、タンパク質の摂取基準値です。

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」では、18歳以上の男性は1日60g、18歳以上の女性だと1日50gのたんぱく質摂取を推奨しています。

タンパク質、足りていますか?

年齢や運動量に合わせたたんぱく質摂取

運動をした場合には、筋肉のたんぱく質が分解してしまいます。意外なことに運動不足の人でも筋肉をあまり使用しないことで、筋肉のたんぱく質が壊れてしまいます。

また高齢者は、運動不足になりがちな上に、たんぱく質摂取後の筋肉でのたんぱく質合成能が低下することが知られています。したがって、過度の運動をする人、運動不足の人、高齢者は、たんぱく質摂取不足になりやすいため注意が必要です。

年齢や生活習慣に応じて、たんぱく質摂取量を増やすように意識しましょう。

タンパク質の摂取量は、運動やトレーニングによって増える必要量を把握した上で、自分に適した摂取量を満たしていくことがポイントとなります。

是非みなさんも、ご自身に必要なタンパク質量を考えて食生活を振り返ってみてください!

 

美味しく手軽にタンパク質補給、ミルク甘酒