市販のプロテインの種類について

市販のプロテインを筋トレの効果増強や美容目的で飲まれる方も多いですが、プロテインにも種類があるのをご存じですか?

それぞれの特徴を把握して、ご自身に合ったものを選ぶことが大切です。

市販されているプロテインは大きく分けて3種類

プロテインは原料の違いからいくつかの種類に分かれていますが、一般的にはホエイ、カゼイン、ソイの3種類が知られています。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインとは、牛乳を原料にしたプロテインで一般に売られているもののほとんどを占めています。ホエイとは乳製品を作る際にできる水溶液のことで、ヨーグルトを放置しておくと上澄みにたまる液体もホエイです。

ホエイプロテインの特徴は、吸収スピードが早いことです。

また、ホエイプロテインには体内合成できないため体外から摂取する必要のある必須アミノ酸「BCAA」が多く含まれているため、効率的に体や筋肉を大きくしたい方におすすめのプロテインです。

ホエイプロテインは種類が豊富で、さまざまな味から自分の好みの商品を探すことができます。好みの味を見つけることで飽きずに続けられるのも、ホエイプロテインの大きな特徴でしょう。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインとは、牛乳から脂肪やホエイを取り除いた後の不溶性固形成分から作られたプロテインです。

ホエイプロテインと同じく牛乳由来ですが、使用している成分自体は異なります。

カゼインプロテインは不溶性固形成分から作られるため、ゆっくりと体内で吸収されるという性質を持っています。吸収スピードが遅いだけでなく体内で固まりやすい性質を持っているため、腹持ちがよく満腹感が持続するのも特徴です。

またカゼインプロテインにはアミノ酸の一種である「グルタミン」が豊富に含まれています。

ソイプロテイン

ソイプロテインとは、大豆由来で作られたプロテインです。

ホエイやカゼインが牛乳由来の動物性たんぱく質であるのに対して、ソイプロテインは大豆由来であるため植物性たんぱく質という違いがあります。

ソイプロテインは大豆由来の食物繊維を含んでいるため腹持ちがよく、満腹感を得ることができます。

乳製品が苦手な人にもおすすめできるプロテインで、ホエイプロテインやカゼインプロテインと比べてリーズナブルな価格帯の商品が多いのも特徴です。

不自然な大量摂取は逆効果

タンパク質の摂取は大変重要なことですが、人工的なタンパク質やアミノ酸の大量摂取は腎臓によくないといわれています。

多くの人は、「ビタミンやミネラルなどの栄養素は、サプリメントよりも自然食品から摂取した方が良い」と思っているのではないでしょうか?タンパク質でも同じことが言えます。

市販のプロテインを摂取する場合は、ご自身に合ったものを適量摂取されることをおすすめします。

「自然食品」からタンパク質を摂取するなら「ミルクあまざけ」がおすすめです。

アミノ酸(遊離型)が豊富に含まれている「ミルクあまざけ」は、「牛乳」と「米糀」だけで余計なものを加えず作っています。

自然のプロテインを摂取するなら