食生活に取り入れたい! タンパク質が豊富な食べ物

タンパク質を多く含む食品にはどんなものがあるのか、食品の種類別にご紹介します。

肉類

肉類でタンパク質が多い食材と、それらの100gあたりのタンパク質含有量は以下の通りです。

・とりささみ 24.6g

・鶏むね肉 皮なし 24.4g

・豚ヒレ肉 22.7g

・牛ヒレ肉 20.5g

魚類

魚類でタンパク質が多いのは、アジ(焼)、まぐろ(赤身)、いわし(焼)、かつおです。

魚でタンパク質をとりたい場合は、アジやいわしなどの青魚、まぐろやかつおなどの赤身のお魚を選ぶと良いですね。

・アジ(焼) 25.9g 

・まいわし(焼) 25.3g

・かつお 25.0g

・まぐろ(赤身) 21.6g

たまご

・うずらの卵(生) 12.6g

・鶏卵(生) 12.3g

・鶏卵(ゆで) 12.9g

・鶏卵の黄身(生) 16.5g

・鶏卵の白身(生)10.5g

大豆製品

・湯葉 21.8g

・納豆 16.5g

・ひきわり納豆 16.6g

乳製品

乳製品ではチーズ類がタンパク質を多く含んでいます。

・パルメザンチーズ 44g

・プロセスチーズ 22.7g

・カマンベールチーズ 19.1g

・カッテージチーズ 13.3g

・牛乳 3.3g

・ヨーグルト 4.3g

 

タンパク質は1食に利用できるタンパク質の量は限られているため、3食にうまくわけて食べるようにしましょう。

また、動物性タンパク質の方が必須アミノ酸を多く含んでいますが、動物性タンパク質と一緒にとることで、植物性のタンパク質が上手に利用されます。そのため、いくつかの食品を組み合わせることも大切なポイントです。

食生活にプロテインをプラス!